ディオゲネスの宴

漫画の紹介と、感想を書いていきます。 『BLAME!』全話紹介&解説を書いて行っているのですが、大分放置しておりすみません。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG25 ハッキング

第8空洞に戻ってきた二人。珪素生物を捕捉し、ハッキングを試みる。メンサーブたちは珪素生物と戦っている。珪素生物に捕獲されそうになったところに霧亥が到着。包囲していた兵器を破る。この瞬間にメンサーブが転送を発動。霧亥とシボはこれに巻き込まれ、どことも知れない空間へとやってくる。

 

・サナカンシボの羽。シボはかなりこの体を使いこなせているようだ。
・縦坑を飛び降りる霧亥。シボの焦った顔はちょっと珍しい。霧亥は体強いから飛び降りても大丈夫なんだろうけど、いくら抱えていたってシボも同じ衝撃を受けるはず。シボ大丈夫なんだろうか。霧亥としては妖精っぽいのを少しでも早く回復させたかったのだろう。


・サボって構造液かなんかを吸っている珪素生物。ルートバルゴバルダンバ君。画集に設定がある。お母さんのメイヴに研究者になるのを止められて串刺しにされたそうだ。
珪素生物の出自。これについては『NOiSE』に詳しい。セーフガードが発足する際、珪素主体の強力な警備兵を造作することになった。『BLAME!』世界の駆除系や上位セーフガードも基本的には珪素基系なのだろう。後に珪素生物となる「教団」は、このセーフガードの技術を盗んだ。珪素基系のセーフガードはネット経由で造成されたり、武器をダウンロードしたりする。こういうネット由来のデータを盗み自らに適用したのが珪素生物。彼らはほとんどの場合ネット端末遺伝子の保持やネット端末移植を受けられなかったのだろう。『NOiSE』では、身分の低い人々はネット端末移植を受けていないことが語られる。そういう人々が、ネットスフィアの技術を盗み適用した。作中では「カオス」の力と呼ばれている。たとえるなら多分、ネットスフィア無線LANがびゅんびゅん飛んでいる状態が「カオス」的状態と形容されたのだろう。そしてここにはセーフガードの色々なデータも含まれている。これを「教団」は盗んだ。そして珪素生物が生まれた。
・言語基体がセーフガードに似ていて、かつ人間の行なう改造と似ている部分があるってシボは言う。上記の経緯を踏まえると当然だろう。珪素生物はセーフガードと人間の間に位置する存在ともいえる。
・カオスの語。『NOiSE』でいう「カオス」はネットスフィアの無線で浮遊する膨大なデータのこと。『BLAME!』でいう「カオス」とは都市の無作為な成長を指す。
珪素生物の考え方。珪素生物は正規にネットを使用する人や、それを援護するセーフガードと敵対する。そして都市が無秩序に成長することを望んでいる。都市に寄生して生きているわけだから、都市が成長するってのは彼らの生息域が増えるってことと同義だ。だからネットを正規に利用し都市をコントロールしようとする動きを防がねばならない。東亜重工への侵入も、そうした観点からネット端末遺伝子を持つ人間、というかそもそも人間を排除しようとするために行なわれた、のだろう。ただし、自分たちの種族の発展のためらなバネット接続も厭わない。ダフィネルリンベガたちがそうしたようにね。だから統治局とは真っ向から対立しているわけではない。ということは画集に説明があった。こうした珪素生物の試みは、この漫画世界では大成功しているといえる。「ネットに接続する人間皆無」+「都市を無秩序の成長させている」という二つのシチュエーションを実現している。最初期の珪素生物がこの要件を満たしたのだろう(そしてその際に、敵対勢力として霧亥がいた? 上代からの恨みとはこのこと?)。


・メンサーブ。なんかドーナツ状の兵器で珪素生物に迫られている。メンサーブ転送で逃げちゃうけれど、このドーナツを狭めていくと逃げられないのだろう。珪素生物が寄ってたかってちょっと間抜けなようにも見えるが、メンサーブには有効な兵器なのだろう。
・シボが一生懸命に転送に巻き込まれそうな霧亥を助けようとしていて、ちょっと可愛いなって思う。