ディオゲネスの宴

漫画の紹介と、感想を書いていきます。 『BLAME!』全話紹介&解説を書いて行っているのですが、大分放置しておりすみません。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG54 捕獲者

LEVEL9シボに迫る捕獲者珪素生物。捕獲の寸前にサナカンがシボを奪取する。自らのことを統治局の代理構成体であると告げるが、それを聴く珪素生物ではない。隔壁を泡状の粘着物にする捕獲兵器を用いる珪素生物から、サナカンはシボを連れて逃れていく。

 

・サナカンから逃れた捕獲者珪素生物。LEVEL9シボを発見。この後の泡状にする兵器含め捕獲優先なことがわかる。

 

・統治局の代理構成体だと告げるサナカン。ここのサナカン、初見だとアホなのかなぁ!? と思ってしまった。さっきまで殺し合っていたのに。そんな水戸黄門みたいなデバイスをドヤ顔で示しても……。カチ、とか音が出ているけれど、何か実効はあるのだろうか。特定の武器が使えなくなったりとか。少なくとも作中にはそんな描写はない。まぁ、ここではこのキャラクターが統治局の代理構成体であることを示すことがメイン目的の描写なのかもしれない。

・カチ、のデバイスはLOG50で造換塔からダウンロードされたサナカンが、LEVEL9シボの通り道でかざしていたものと同一だろう。何か統治局の便利なアイテムであることは相違ない。

 

・居住区。前話で書けばよかったんだけれど、この居住区は相当広い。霧亥が歩み入るシーンでその大きさがわかる。特に個室の連続する場所に注目すると、外側にライトがある。サナカンが着地した内側にはライトは見えない。内側は、そこに住む人が明かりを用意するのだろうか。

 

・勿論珪素生物は、こうした統治局やセーフガードから独立するために相応の武力を蓄えてきた。珪素生物も、LEVEL9シボの電波をキャッチして、何か自分たちに利することができるのでは、とこの階層にやってきているわけだ。

 

・粘着物に左脚のブーツを捕らわれるサナカン。簡単な動作でブーツを脱ぐ。やったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!! サナカンの素足だぁーーーーーーーーーーーーーーー!!!! やだあああああああああああああああああああああああ全然素足じゃないじゃないですかぁぁぁぁぁ!!!! やだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!