ディオゲネスの宴

漫画の紹介と、感想を書いていきます。 『BLAME!』全話紹介&解説を書いて行っているのですが、大分放置しておりすみません。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG47 侵入

珪素生物の研究施設に侵入した霧亥たち。途中、珪素生物の迎撃により、シボ&イコ、霧亥&ドモの二組に分断されてしまう。

 

・研究施設の入り口のところにあるカバーみたいな装置。ドモが蹴っ飛ばして落として侵入するんだけど、俺、なんかこのカバー好きなんだよな。

・物量で攻めてくる珪素生物。リンベガは接続中だしプセルは怪我してるし、あの小さい珪素生物が主管して、物量攻撃を仕掛けているのだろう。駆除系の他に、塊都あたりでみたような、ムカデっぽい駆除系? も見える。いずれも統治局の技術を流用しているのだろう。

・霧亥とドモはバシバシ倒す。地味に武器庫で見つけたスチフを倒した銃が健在で、珪素生物を倒している。ドモチェフスキーは実弾が尽きてしまい、電力に切り替えて応戦している。実弾は、電力消費を抑えるためにも重要だったのだろう。

・霧亥は造換塔を破壊して攻撃を抑える。臨時セーフガードはそんなことしちゃダメ。霧亥は自由だからいいのだが。