ディオゲネスの宴

漫画の紹介と、感想を書いていきます。 『BLAME!』全話紹介&解説を書いて行っているのですが、大分放置しておりすみません。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG32 振動

東亜重工編も最終盤だな。霧亥の射撃でサナカンは消滅。中央AIのところではセウVSイヴィ、霧亥VSメイヴの様相に。サナカンに攻撃されていた中央AIは展開領域不確定のままに自殺行為とも言えるワープを強行する。

 

・サナカンの射撃を受けての霧亥の判断。これが謎。霧亥は直前にサナカンの射線を解析している。そして撃ち返す。この描写自体は非常にかっこいい。…のだが、良く分からない。なぜ霧亥は中央AIを狙ったサナカンの射撃を相殺しなかったのだろうか? 中央AIが破壊されると困る。ネット端末遺伝子を探せなくなる。それは霧亥も判っているはず。だが霧亥はビームを相殺せずサナカンを狙った。中央AIよりもシボ達の安全を優先した? 多分そうだろう。そう考えたい。霧亥はシボを助ける。


・記憶が戻るセウ。これなんでだろう。
・霧亥って体頑丈だし、強力な武器を持っているけれど、他の戦闘に長けた存在と比して、体そのものの戦闘力はそこまで高くない。いやスチフとかタイマンで倒すんだけれど、ここでの新型と融合したメイヴにはなかなか太刀打ちできていない。霧亥ってのは頑丈さが売り。


東亜重工って長さ何キロくらいだろうか。前も書いたかも知れないけど。なんとなく、『シドニアの騎士』の播種船くらいの全長な気がする。中の人々は植民者って言われているし。そしたら全長25キロくらいか。でっかいよなー。これ全体が振動している。スケールのでかい話だ。