読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディオゲネスの宴

漫画の紹介と、感想を書いていきます。 『BLAME!』全話紹介&解説を書いて行っているのですが、大分放置しておりすみません。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG21 混生体 ハイブリット

集落の人々が入っていった入口は、駆除系がいじくって入れんくなった。ということで別の入り口をさがす霧亥とロリ。ロリシボのなかのサナカンが暴走しそうになるけど、霧亥はそれを東亜重工にぶん投げる。東亜重工ではセーフガードは活動できないのでシボの意識だけが析出された。

 

・この話。シボが「サナカン」と叫び、サナカンが「霧亥」と叫び、霧亥が「シボ」と話しかける。これで充分やりきった話。私の言いたい事もだいたいこれで言い切った。すげーSFっぽい。かっこいい。

・俺のシボがすごい調子が悪そうだし元気が無い。シボ、今まで生電社のデバイスを駆使して生活してただろうしここまで冒険してきた。これを一気に失ったわけだ。新しい体にはなんかサナカンもいるし全然まだ慣れていないのだろう。ここからちょっとテンション低めなシボが続く。

・それと体がちっちゃくなったためか、この辺りからシボは結構霧亥に助けられる場面が多くなる。シボのことだから一緒に旅する以上足手まといになりたくないだろうし、ハイスペックな霧亥と遜色ないように活動したと考えているはずだ。それが充分にできなさそうなのも元気が無い理由だろうか。