読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディオゲネスの宴

漫画の紹介と、感想を書いていきます。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG10 ネット球

BLAME!

超構造体を目指す霧亥とシボ。シボのネット接続の失敗譚が語られる。途中休憩していたら、統治局の代理構成体が現れ二人に交信を試みる。

・弐瓶漫画って、実験体をいじくる実験していた場合、ほぼ100%実験体が暴走するよな。NOiSEもABARAシドニアも。

・都市の補助電源。謎の装置。そのままだと爆発するらしい。謎。超構造体を動かす電源なのだろうか。

ネットスフィア空間。草原。この漫画では基底現実には植物は見えない。ただネット上にあるのみだ。

・合成した遺伝子ではネット接続はダメ。セーフガードが出てきて大爆発だ。

・野営。この二人休む必要あるのか? と思うが、それなりに休んでいる描写があるから一応休息が必要なのだろう。どんな会話をしたのか、ちょっと妄想したくなるシーンだが絶対霧亥喋らなさそうだ。

・統治局。ネットを管理しているが、セーフガードは独立して動いている。セーフガードに干渉できない。統治局が霧亥とシボに接触しようとすると、もちろんセーフガードが発動する。ネット端末遺伝子が無い人間と代理構成体とが接触しているからだ。

・何とかダウンロードできた統治局の代理構成体。めっちゃ早口でしゃべる。キーーーーン。これくらいの量を語ったならば、ここだけで、きっとこの世界の成り立ちや現在の状況、解決策すべてを語りつくしているんじゃないかと思う。速すぎて聴こえないけど。多分ここすげえこの漫画のネタばれをしちゃってるんだと思う。

 

・なぜこのタイミングか? 霧亥はこれまでずっと旅をしてきた。しかし代理構成体はこの瞬間まで出現しなかった。なぜこのタイミングか? たしか画集にも示唆があったが、シボが仲間になったからだと思われる。統治局が霧亥単独で居る際に干渉するのは実は一度きり。アンオフィシャルメガストラクチャーの武器庫の場所を教えるときだけ。このほかはシボやモリが傍らにいる。これ、たぶん霧亥がセーフガードであることが関係している。統治局はセーフガードに干渉できない。霧亥にはセーフガード以前の性質があるのだろうが、セーフガードの役割を持たされた時期もある。だからダメ。シボを仲間にしたこのタイミングで、ネット端末遺伝子の必要性を改めて説く。

・なぜこのタイミングか? その2。ぶっちゃけ、霧亥だけだと代理構成体を派遣しても充分にコミュニケーションとれない、と統治局が判断したのかも。コミュ障霧亥と会話するまえに、セーフガードも出てくるし霧亥はすぐ銃撃っちゃうだろうし話にならない。だからシボがいないとだめ。実際シボは冷静で、霧亥が撃とうとするのを止めている。

・なぜこのタイミングか? その3。上の階層に、東亜重工があるから。東亜重工は古い建物で中に古くからの人が都市とは独立して棲んでいる。統治局はネット端末遺伝子の有無はともかく、こうした事情を知っており、上に階層に行くこととネット端末遺伝子の重要性を説いた。のかも。