ディオゲネスの宴

漫画の紹介と、感想を書いていきます。 『BLAME!』全話紹介&解説を書いて行っているのですが、大分放置しておりすみません。桜井のりおは神。

NOiSE

【NOiSE 全話紹介&解説】 第六章 聖地

裾野が珪素生物の拠点を襲撃して、刀を取り戻す。しかし最終的には都市の暴走と、珪素生物の繁栄を止めることはできなかった。 ・超スピードの裾野。この後の弐瓶作品によく出てくる、雑魚勢力が短い時間に圧倒される描写だ。一応裾野は手がもげているので、…

【NOiSE 全話紹介&解説】 第五章 屍の暴走

死んだはずの裾野は、電脳空間で目覚める。これはセーフガードが裾野を自らの組織のエージェントとして迎えるため、裾野の意識を回収したもの。裾野にネットスフィアとセーフガード設立の趣旨が説明される。ネット接続権の無いものは積極的な排除がなされる…

【NOiSE 全話紹介&解説】第4章 贄

都市の市民権をはく奪された裾野。通りかかったところにある公衆電話が鳴る。でると、死んだはずのクローサーが話しかけてくる。セーフガードという組織が裾野を探していること、教団が裾野を未だ狙っていること、そして教団が裾野を感知したことを伝える。…

【NOiSE 全話紹介&解説】第三章 ネット端末移植

最下層の旧市街で、誘拐事件の独自調査を進める裾野。ネット端末移植のない子供だけが狙われていたことを知る。 ・裾野のモノローグばかりの回。けれども、いろいろ都市が描写されていて面白いぞ。 ・最下層の旧市街。ここの社会はかなり格差がありそうだ。 …

【NOiSE 全話紹介&解説】第二章 暗殺者

裾野は警官の資格をはく奪される。さらに何者かの手によって自宅は荒らされていた。さらに強力な刀の秘密を知るために武器屋を尋ねると、武器屋の店主は殺害された後だった。地下鉄に乗車したところ、教団の手の者が「カオスの力」で双頭の駆除系を作りだし…

【NOiSE 全話紹介&解説】第一章 降魔術

まだ都市の暴走の無い時代。警察官の裾野結は同僚のクローサーと誘拐された子供たちを捜索していた。子供に不正な改造手術を施した現場を発見した二人。そこでクローサーは行方不明になる。署に戻った裾野は、先ほどの現場に何もなかった、と上司から告げら…