ディオゲネスの宴

漫画の紹介と、感想を書いていきます。 『BLAME!』全話紹介&解説を書いて行っているのですが、大分放置しておりすみません。桜井のりおは神。

2019-06-22から1日間の記事一覧

【BLAME! 関連短編紹介&解説】ネットスフィアエンジニア

2005年の読み切り。霧亥がネットスフィアとの交信を復活させた1000年後の世界。ある階層に生きている造換塔が発見された。階層の人間では手に負えない。そんなところに、解体屋を名乗る男が現れて、事態の終息をはかる。 ・このお話では、霧亥がクエストに成…

【BLAME! 関連短編紹介&解説】BLAME

四季賞で審査員特別賞を受賞した弐瓶氏のデビュー作。警視庁の霧亥が殺人事件を追うなかで、機械に自我を移設した犯人と対峙する。 ・警視庁捜査一課の霧亥。まだまだ警視庁とかがある時代。『BLAME!』からすれば古代だろう。でも、風景は私たちから見れば未…

【NOiSE 全話紹介&解説】 第六章 聖地

裾野が珪素生物の拠点を襲撃して、刀を取り戻す。しかし最終的には都市の暴走と、珪素生物の繁栄を止めることはできなかった。 ・超スピードの裾野。この後の弐瓶作品によく出てくる、雑魚勢力が短い時間に圧倒される描写だ。一応裾野は手がもげているので、…

【NOiSE 全話紹介&解説】 第五章 屍の暴走

死んだはずの裾野は、電脳空間で目覚める。これはセーフガードが裾野を自らの組織のエージェントとして迎えるため、裾野の意識を回収したもの。裾野にネットスフィアとセーフガード設立の趣旨が説明される。ネット接続権の無いものは積極的な排除がなされる…