ディオゲネスの宴

漫画の紹介と、感想を書いていきます。 『BLAME!』全話紹介&解説を書いて行っているのですが、大分放置しておりすみません。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG17 言語基体

からくもセーフガードを退けた霧亥。集落の人々は東亜重工への避難を決意。がれきを撤去するための建設者をシボが連れてくる間、霧亥は住人を守ることに。

 

・建設者の言語がわかる霧亥。表示が読めるようになったらこんなこともできる。シボはこれに不満顔。今まで黙っていたのかも? と感じたこともそうだし、霧亥が実はセーフガードに与する存在ではないかと疑っているわけだ。シボが霧亥に疑念の目を向ける描写ってここいら辺りしかなく、貴重なシーン。

 

・づるの作っていたサンプル。画集と同じような解説になってしまうけど語ってみよう。死者のデータがすべて詰まっているものなのだろう。おやっさんによればこれを使って技能や人格を再現していたようだが、現在はサンプルを作るので精いっぱいと言う。東亜重工の武器と同じでロストテクノロジー化しつつある。でもサンプル作るところまではできる。これが大事で、シボはこの後死ぬんだけどこのサンプルが後の東亜重工による復活の際に役立ったと画集にある。電子的な記憶だけだとノイズが生まれて技能や人格の再ダウンロードの際に微妙な齟齬が起こる。これ多分、jpegを何回も新規保存していくと劣化してしまうのと同じ話だ。たとえば花の写真を撮ってjpegで保存したとしよう。これをなんども上書き保存していくと劣化していく。どこかで本当の花を保存しておいて撮り直せる、あるいは実物からデータを修正できる環境が必要。これがあのサンプルなんだろう。電子的なデータだけではダメ。ここに多分、この世界で言う基底現実の「強み」がある。多分セウにはこの環境が無かった。セウの原版を何回も再生している。だからセウは知性が劣化していっている。だからあのサンプルはそれ自体何もできるわけではないんだけどすごく大事なガジェット。「保存しさえしておけばいつか再生できるかもしれない」。これって博物学的にもすごく大事な姿勢だ。


・シボと霧亥は他の人より大きい荷物をしょっている。正直霧亥とシボが来たから集落は襲撃されたわけで、そしてサナカンは始め霧亥と一緒に来たのだから、集落の人にとっては霧亥やシボに対して不信感を募らせても不思議ではない。でも作中では決してそうならない。集落の人は霧亥とシボが必死になって守っていたのを見ていたのだろう。この物語では珍しく信頼関係が見える箇所。


・シボ鼻血ぶー。セーフガード的な、あるいは「システムの密使」的な機能が復活した霧亥。塊都人であるシボと言語基体が合わなかったのだろうか。二人が生まれた年はかなり離れている。霧亥はとっても長い間存在している存在だ。だから言語基体が即座には合わない。この後シボは建設者動かせているから、情報量や情報の質があまりに違いすぎて鼻血がでたのだろう。あるいはこれ以上危険なところまで行く前に、霧亥がピンを抜いた? 画集によれば、多分この行為がシボが予備電子界に召喚された要因だと言う。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG16 襲撃

サナカンとの戦闘。なんとか退ける。

 

・サナカン。住民をセーフガードに。これ『NOiSE』の教団が使った(盗んだ)テクノロジーに近いのだろう。生身の人間を珪素系の駆除系にする。とにかくダウンロードするより、この場所では人間使った方が早いのだろう。


・人々を守る霧亥&シボ。当然のような描写だが、結構重要。霧亥やシボがより「合理的」な存在だったら。弱い集落の人々を見捨てるはずだ。例えば人々を気にせず銃を放つだろうし、逃げたりもするだろう。でも。決してそんなことをしない。霧亥は本当にコミュ障なんだけど、この寂れた電脳世界においてこの辺りは本当にしっかりしていてなにか「正義」のような感覚を持っている。住人を駆除系から守るために投げ飛ばしたり、サナカンが重力子放射線射出装置を人に撃つのを頑張って止めようとする。霧亥は根底にはこうした優しいというか、人々に対する根本的な感情を持っている。感情を表に出さないから判りにくいけど、元来霧亥は良いやつ。だからシボも惚れるわけだな。ま、ちょっとドライに捉えるならば、「セーフガード以前のシステム」があらゆる人間を助けるようプログラムしたに過ぎない、と考えることもできるが。


・そうした霧亥の姿勢をみるサナカン。サナカンとしては霧亥にセーフガードの時の記憶や立場・姿勢を復活させるために色々仕込んだわけだ。だから、ここで霧亥が目覚めてネット端末遺伝子を持たない住人をサナカンと一緒にバシバシ撃ち殺してほしかったはずだ。けどそうならず、サナカンの妨害をする。霧亥が飛び込んでサナカンの発砲を妨害する。サナカン、もちろんあまり表情に出さないけれど、妨害された時は残念に思っただろう。

・サナカン、逃げる。逃げるときに捨蔵を殺害。そして霧亥に「再構築できたのは機能だけなのか?」と問う。やっぱり狙いは霧亥のセーフガードとしての復活。そしてそれは叶わなかった。なぜなら霧亥は純粋なセーフガードではないから。

・シボ、最後のコマ。サナカンの台詞を聴いていたのだろう。霧亥に対する疑念を持った。これが予備電子界でのあの質問に繋がる。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG15 覚醒

シボたちが東亜重工に入って、その間に霧亥が目覚め機能が回復し、サナカンが正体を現す。


・づるの治療室。結構細かく見ると描写が丁寧で、霧亥とづるの部族の身長が異なるからベッドを箱か何かで継ぎ足している。

・づるの集落の人々。アジア系が意識されている。東亜重工という名前からもそのように想像させられる。アクセサリーとか髪留めとか、結構こだわって描かれている。


・機能が回復した霧亥。表示の意味が判るようになりました。犬女の一味に使われた時期にはかなり機能が制限されていたようだ。サナカンは霧亥を殺さずに回復させた。セーフガードとしての性格は復活しなかったようだが。これはおそらく霧亥が「セーフガード以前のシステムの密使」だからだろう。犬女一派によってセーフガードの機能がごっそりそぎ落とされた。副次的に様々な機能が制限されていたのだろう。

・サナカンが東亜重工の中に入った件について。これおかしいよなぁ? セーフガードがなんで入れたんだろう。人間の少女に高度に偽装していたからかな。

・霧亥の回復を確認したので、正体を現すサナカン。こっから人が死にまくって厳しい展開になる。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG14 植民者 プランター

集落に移動し到着。シボは部族の人に誘われ東亜重工の入り口に行く。そして入口を開ける。

 

東亜重工。でかい。そしてシボは読める! 捨蔵たちは読めないけど音として呼び名は伝えている。この辺りすごくポストアポカリプスっていうの? 世界崩壊系SFの常套手段を効果的に用いてきてわくわくする。

・捨蔵たちの祖先。昔は東亜重工に住んでいたそうだ。東亜重工って、シドニアの播種船的なイメージなんだろうと思う。シドニアの原型と言っていいだろう。ずっと昔、人類の版図を広げるために旅立った。東亜重工自体は何らかの理由で太陽系に戻ってきたのかとどまっているのか(この辺り、重力炉の故障と絡めて画集に言及がある。)、都市に捕らわれてしまった。しかしネットスフィアからは独立している。そういう協定なのだ。何千年も経過する中で人口も増えたのか、外の都市に入植したいと考える人々があったのだろう。それが捨蔵たちの祖先。また、この階層の他の人々の祖先。ただ生活は厳しかったようだ。文字を忘れ、武器の作り方を忘れ、東亜重工に戻りたがっている。だが外からは内部に連絡ができなく(あるいはその方法を忘却している)、周縁部にへばりついて生活している。

・ネット端末遺伝子。この集落の人々はネット端末遺伝子の事を知っている。こんなあたり、東亜重工が出港した時期がなんとなくわかりそうだ。それに、東亜重工から出た捨蔵たちがネット端末遺伝子を失性した理由。都市に出たせいではないだろうか。感染性の状態。

東亜重工の入り口。シボパンチ! 捨蔵たちの顔がみどころ。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG13 電基漁師

二人は遺棄された村でサナカンと名乗る少女とであう。他の集落へ逃れる途中で三人は駆除系の襲撃を受ける。これを助けたのが捨蔵とおやっさん。この二人の案内で階層内部を進んでいく。

 

・遺棄された村の生き残り。サナカンがやべー奴だと知っている。サナカンは怪しまれないために充分に話せない人物を一人生かしておいたんだろう。ちょっと稚拙な気がするがそこがセーフガードの人間性。本来セーフガードに求められる人間性ってのはその程度でいいのだろう。

・捨蔵たちの武器。珪素生物に効果がある。古代のテクノロジーが使われている。彼らは東亜重工から旅立って何世代も経過しているから作り方を忘れてしまったようだ。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG12 大嚢王

上の階層にやってきた二人。遠くに謎の円筒状の構造物を見かける。近くの集落では人間がセーフガードの襲撃を受けており、統治局が防衛にあたっていたが防ぎきれなかったようだ。セーフガードの中に上位のものがあり、霧亥は謎の微小構成体を注入されて昏倒する。なんとか逃れた二人は瀕死の統治局代理構成体から、円筒状の構造物がネットスフィアが正常に機能していた時代からあるものと告げられる。統治局は円筒状の構造物にアクセスすることはできないが、霧亥たちが独自に探索することは可能だと言う。

 

・遠くに東亜重工を望む二人。絶景だ。ここ、この漫画で一番好きな風景だ。この漫画で一番遠距離を描いているのではなかろうか。この後、近づくと東亜重工はとんでもなく巨大な円筒であることが分かる。適当な目算だが。シドニアが直径5キロ、高さ25キロ強だったがそれくらいかな? もうちょいでかい気がする。・・・ともあれ、それがこの話ではその東亜重工がすごく遠くに小さく見える。物語ではさっさと東亜重工に接近していくが、実は多分相当時間をかけて霧亥たちは移動しているに違いない。目的地まで数千キロくらいあるんじゃないだろうか。こんな遠近感、他の漫画で見たことが無い。素晴らしい。

・近くには全滅した集落。シボによればシボたちの種族とかなり前に系統分岐したという。多分、この集落の人々も電基漁師たちと同じく東亜重工から植民したのではないだろうか。理由は以下の通り。

・防衛に失敗した統治局。というか防衛している統治局。これってかなり異質だ。ネット端末遺伝子がない住人を防衛している。統治局はなぜこんなことを? 住人達が東亜重工出身で、漫画で描かれる不可侵の協定の他に、東亜重工の外に入植した住人を保護するような協定を結んでいたのかもしれない。もちろんこれは統治局レベルでの約条で、セーフガードは関係ない。だから襲撃されちゃったんだけど、ちょっと特別扱いされていることに変わりない。これは、襲撃された集落が東亜重工由来の人々だからではないか。


・なぜ集落はセーフガードによって襲撃されているのか? というか、なんで上位のセーフガード(サナカン)や大嚢王が来ているのか? 【仮説1】これは恐らく霧亥たちがこの階層に来たからだろう。霧亥は放浪していたが、東亜重工というかなりネット端末遺伝子がある可能性が高い施設(実際少なくともそれに近いものがあった)に初めて近づいた。ネット端末遺伝子を持たないものがネット接続しようとしているわけだからセーフガードが警戒している。【仮説2】より描写が多い仮説として、セーフガードがいよいよ霧亥の機能を回復させてセーフガードに回帰させようとしたため。まずサナカンが来ていることが第一の根拠。人格を施した上位のセーフガード。対霧亥用だろう。霧亥と面識もありそうだ。そしてサナカンは霧亥をただ殺すわけではなくて、微小構成体を注入した。このあとも具体的に見ていこうと思うが霧亥の回復を丁寧に見守ってからその正体を現す。【仮説1】【仮説2】は複合的に考えることもできる。霧亥たちがネット端末遺伝子に接近するのを防ぐために霧亥をセーフガードに回帰させる。うーむ、こう考えるとセーフガードはかなり頑固というか融通が利かない組織だ。ネット端末遺伝子を持たない者の排除、しか頭にない。カオス状態の解消を希求していない。むしろカオスを助長する存在だ。このあたりの欠陥、多分都市の暴走が始まるころにこれを意図的に仕組んだ存在があったのかもしれない。【仮説3】よく考えたらイヴィとメイヴが近くにいるのか。そのせいかも。ま、ここではこれらが複合的要因でサナカン達が派遣されたと考えたい。


・サナカンは腕から重量子放射線射出装置が生えてる。ギリギリだったけど、シボを狙ったビームを霧亥が自分の重力子放射線射出装置で相殺する描写がある。珍しい描写だ。これシボ大丈夫だったんだろうか。周囲は大爆発してるけど。こっからシボは怪我するか気分が悪くなるか死亡するかばっかりだ。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG11 セーフガード

統治局の代理構成体に都市の無作為な増長を止めるためネット端末遺伝子発見の必要を説かれた二人。そこにセーフガードがダウンロードされる。ギリギリだが二人はメガストラクチャーに穴をあけて上の階層へと進む。塊都編はここまで。次からは東亜重工編だ。

 

・統治局の台詞①「感染性の状態」①。作品中のところどころに示唆があるが、ネット端末遺伝子の変異は感染で起こるのではないか。都市空間に生まれた時点で遺伝子に変異が起こってしまう。そういう感染性のなにかが都市空間に蔓延している。だから都市空間での人間は、実は受精後ネット端末遺伝子が正常に形成されるのだが、母体内など、かなり早い段階で、都市にいる限り変異し失性してしまう。この為誰もネット端末遺伝子を持たない。いきなり最終話の話題になるが、なぜシボとサナカンの遺伝子は都市の外で成長を始めるよう設計されていたのか。また同じく最終話。生まれた少年はなぜ防護服を着ているのか。この辺りの理由を考えるに、都市にいると感染してしまうという仮説が成り立つだろう。

・統治局の台詞①「感染性の状態」②。それでは誰が都市に感染性の何かを蔓延させているのか。多分、珪素生物だ。どこか都市の増殖が始まったかなり早い段階で都市にこうした仕組みを孕ませた。そうすれば誰もネットにアクセスできなくなる。そして珪素生物にとって寄生すべき都市は無尽蔵に増殖しうる。ネット遺伝子を失わせる空気を蔓延させることは、珪素生物の快適な生活にかなり優位に働く。


・統治局の台詞②「君たちと直接コンタクトを取れない」。直接しゃべってんじゃねーか、と思うが、きっと直接コンタクトを取るっていうのはネット経由でコンタクトをとるってことなんだろう。電子的な情報を脳に通達する。代理構成体で会話せずとも無線でネットにアクセスししかるべき情報を得ることができる。これがかつてのネットスフィアだったのだろう。


・統治局の台詞③「現在ネットへ正規のアクセスをしてくる者はいない」。ずるしてアクセスしている人はいるのかも? 想像が広がる。


・塗布防電。電磁波を遮蔽する装置らしい。何故かわからないがセーフガードの動きを封ずることが可能。

・塊都から超構造体まで相当の高さがある。この辺りの距離感、スケール、流石の描写である。