ディオゲネスの宴

漫画の紹介と、感想を書いていきます。 『BLAME!』全話紹介&解説を書いて行っているのですが、大分放置しておりすみません。

映画『BLAME!』を見た

www.blame.jp

 

 

表題のとおり、netflixで映画版『BLAME!』を観た。面白かったー。はー。長生きするもんだ。普段は映画やアニメあんまり見ないし、このブログは漫画の感想を書くために作ったから、映画の感想を書くのはどうかと思う。

けれど、乗るしかないもんね、このBigwaveに。

以下、極端なネタばれしないよう気を付けつつ、所感を述べる。繰り返すが、あまりアニメや映画を見ない(直前に見た3Dアニメなんて「Miraculous Ladybug(ミラキュラス・レイディバグ)」だ)のでちょっと的外れになるかも知れんがご容赦。

 

 


・シャキサク!! 並列蓄電槽群!! お前達大活躍しとるじゃねーか!!!!! 二人とも立派になりやがって!

・無限に広がる都市。壁、パイプ、配線。それに色が付いて、映画になる。都市は動くわけではない。けれどキャラクターの動きの中に都市がある。漫画では描ききれない都市構造体のダイナミズム。動かないんだけどダイナミズム。見られて本当に良かった。そして、ちゃんと原作に出てきた都市の風景・遠景を出してくれていた。

・ただ、メガストラクチャーをもうちょっと出してほしかった。物理的にもそうだし、設定も物語に含んでほしかった。


・ストーリーについては、難解かつ様々な舞台を持つ原作を、よくまとめ上げたと思う。メイン舞台をづるやおやっさん達の村にしない方法だっていくらでもあったはず。相当の取捨選択があっただろう。原作をどこまで、どのように再現するか、は、原作の知識がどこまで必要か否かと絡んで永遠のテーマになる。ここではあまり深入りしないことにしよう。


・村人はなんとなく『BLAME!』原作よりもグレゴリー・ベンフォード『大いなる天上の河』感が強かった(もちろん、『BLAME!』そのものが『大いなる天上の河』にかなり影響を受けた作品なんだから当たり前っちゃあ当たり前だが)。食事の場面で、村人の風俗がわかる原作にはないシーンがある。ここも良かった。

・網膜やヘッドギアに映る表示は違和感なく受容できた。

 


・キャラクターの造形だが、『新装版 BLAME!』の表紙裏表紙のデザインがかなり意識されているように感じた。良くも悪しくも! 以下具体的に見ていこう。

・霧亥:本作で描かれた霧亥と電力との関係が良かった。映画にする際の工夫を感じる。もっと速く歩けよ、また、もっと早く話せよ、と思った。で、そんな彼が走る時。物語が大きく動く。もっとも、霧亥が特別製の身体であることや、出自が謎めいていることはもう少し強調されても良かったかもしれない。

・シボ:最高。俺シボ超好きなんだけどさ、もうね、最高。ふわっとしたストレートの金髪につり目気味の青い目。ばっちり。長身のシボがしっかり再現されていて、足音を響かせながら典雅に歩く。素晴らしいね。あとセリフが原作から引用される場合が多く、サービス精神旺盛! ただ、かなりクールに描かれていて、原作初期の元気でコミカルな感じや、あるいは周囲の人に見せる優しい雰囲気はやや後景に退いていた。冗談なんかをちょっと言ったりすると、よりグッときたかもしれない。

・サナカン:原作よりもかなり「可愛い」にステータスを振ってきた。『シドニアの騎士』のおまけ漫画にでてきた「すげえっ!! ガンツだ!!」の時に描かれたサナカンに近い。顔がくりっと丸くて、声も可愛いぞ。相変わらず村人ぶっ殺してるけど。口角を上げたりなど、ちょっとした表情なんかも描かれていてアニメになってより印象が強まった。髪もさらさらと動いてイメージちょっと変わった。それでさ、やっぱり男としてはサナカンに踏まれたいよな(少なくとも、霧亥がサナカンに踏まれてるのを見たいよな)。そこが再現されてて、良く解ってんなーと感心してしまった。
・あと、サナカンの発音は絶対サ↑ナカンだから。そこは譲れねえ。

・づる:おい、づる、お前……どうしちまったんだそんなに今風に可愛くなっちまってよォォォ~~~~ッッ。胸もふわふわじゃねーかッ!
・捨蔵:出番が増えてよかったと思います。イケメンになっとるし。

 

・振り返ると、あのキャラが見たかった、あの場面が見たかった、ってのはある。勿論ある。でも限られた時間で原作の塩加減を調整しなくてはならない。これはこれで程良いお味。
・原作大好きな私も、愉しい2時間弱を過ごせましたよ。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG38 集積蔵


ドモチェフスキーとイコの、集積蔵奪還の失敗譚。シボが珪素生物の寄生攻撃を受け、霧亥がブロンと交戦しこれを退け、ドモチェフスキーと邂逅する。

・ここ、初見だととっても解りにくい。ドモチェフスキーとイコは駆除系出している。それを退けるスチフ。珪素生物と争そうドモ&イコは何者? となる。そしてどうも苦戦している。造換塔も珪素生物に奪われる。セーフガード、珪素生物、そして霧亥たち。いままでの勢力図がちょっとずれて、混乱をきたす。でもそれくらいの方が、新しい章に入るんだから良いのかもしれないが。
・ドモチェフスキーとイコ。詳しくはおいおいだが、臨時のセーフガード。造換塔から電力を引き出せなくなってピンチの様子。その割には駆除系だしまくっているが。まだまだ予備電力があるのだろう。
・ドモチェフスキーとイコ、その2。戦闘担当のドモチェフスキー、システム周り担当のイコ。重要なのは、ドモチェフスキーとイコの意見が食い違うところだ。無理な戦闘を避けようとするイコ。もう間に合わない、と好戦的なドモ。弐瓶氏の漫画に通底する理念として、こうした複数による討議の構造がある。『バイオメガ』の東亜重工のエージェントも、カノエ・フユ(かわいい)やミズノエ・シンなんかは、明らかにイコの系譜を引くキャラクターだ。必ずしも彼らの冷静な分析が活かされないこともあるが、独立した2つ以上の思考体に討議させる。人造人間やAIを単独で存在させない。
・2244096時間後。カッコイイよね。こう言う表現。93504日で、だいたい256年後。霧亥たちが来るまでだいぶ経ってるな。それまで綸旨セーフガードの二人は持ちこたえたわけだ。集積蔵の奪還は失敗したが、自らを守り得る都市のある部分を保持していたのだろう。そして珪素生物たちの試みを妨害し続けている。そこに霧亥たちが現れた。
・この辺りの都市のパイプの描き方がとても好きだ。
珪素生物4人組。ダフィネルリンベガ、スチフ、プセル、ブロンの登場。スチフが霧亥の事を「儀装セーフガード」と呼んでいる。霧亥はセーフガード的役割を持たされていたから、スチフの予想はかなりの精度を持っていると言えるだろう。
・ブロンはそんな霧亥と戦闘に入る。バイオ系の攻撃が得意のようだ。こうしたガジェットは、同僚の珪素生物からも評判がよくないと画集に説明がある。霧亥は重力子放射線射出装置でワンパンで倒すんだけど、その後の都市構造体が丸く抉られる描写がめちゃくちゃかっこいい。ここ大好き。
・ブロンを退けた後、ドモチェフスキーと邂逅。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG37 非公式超構造体 アンオフィシャルメガストラクチャー

超構造体を見つけた二人。 エレベーターを見つける。エレベーターのガイドによれば、この超構造体はネットスフィアに正しく接続されなかった非公式の構造体だと言う。また、内部で救難信号が発信されていると言う。霧亥の判断で、そこに向かうことに。

・エレベーターのガイド。色々説明しているが、霧亥は初見の走査で、ガイドがシボに話したようなことは大体把握してしまったのだろう。シボはそんなことわからないから色々聴いている。非公式超構造体だから、ネット端末遺伝子なくとも大丈夫なこと、救難信号の出ている場所に科学施設が密集していること。霧亥はある程度解っているからこそ勝手にエレベーターに乗り込み、そこに行けと指示した。ちゃんとシボに説明してやれよ、と思う。
・エレベーターガイドが示した距離と時間。6780㎞を800時間。これに対する画集の説明が納得いかない。大抵の記述は、画集がそう書いているのだから、と受け入れられるのだが……。画集では、地球の半径に等しい距離を、メガストラクチャーが構成できるはずがないと説く。これはメガストラクチャーの素材が惑星(地球)由来だからという。これがよく分からない。メガストラクチャーは惑星(地球)由来とどこかに記述があっただろうか? 『NOiSE』では、都市の素材が宇宙空間からもたらされるとの描写がある。そもそもBLAME!』においては木星の空間が都市の素材として用いられた描写がある。木星の直径は140000㎞だ。これを包含する超構造体があるはずだ。ということで、別に6780㎞がおかしいとは思わない。超構造体の中を、ドモチェフスキー達がいる近くまで移動するのにそれだけかかったってこと。
・また、画集において、距離と時間がかかりすぎる点にさらに言及がある。6780㎞と800時間は、超構造体に異常が起こっていてはじき出された異常な数値だと言うのだ。前段の、6780㎞を移動することはおかしくはないと思う。上に書いた通り。しかしスピードはおかしい。6780㎞を800時間でわると、時速8.475㎞になる。これは遅い。途中、レールが古い場所があるとはいえ遅いと思う。ここは画集の言う通り、なにかネットスフィアの時間認識がおかしくなっている?
・想像をたくましくすると、重力の問題がある。都市が無造作に伸長し続けると、都市は質量を増し、内部に引きこもうとする重力が増大する。都市やメガストラクチャーにかかる重力が増していく。しかし、一方で、メガストラクチャー内部は重力を一定に保っている。巨大な質量であるにもかかわらず、内部の重力はコントロールされている。ネットスフィアはこんなに都市が無秩序に増大するとは想定していないだろう。重力の管理によってひずみが生まれ、ネットスフィアが観測する時間がおかしくなる。画集の説明には納得しがたいが、説明を活かしたこんな仮説は成り立つと思う。
・ちなみに、シボと霧亥は本当に800時間ほど過ごしたことと想像される。意識を失った霧亥が、エレベーターでもとの場所に戻されそうになったとき、ガイドは800と17時間かかる旨を述べている。行きもそれくらい時間がかかったのだろう。


・久しぶりに霧亥が寝る時のピンが登場だ。この回はかなり霧亥がコミュ障ぶりを発揮している。おやすみの挨拶くらいしよう! シボもあきれ顔だ。
・シボも寝てる。睡眠って彼らにはどの程度必要なのだろうか。パソコンのスリープみたいなもの?


・『シドニアの騎士』6巻175ページ「キリイとシボはエレベーターの中で何千時間(原文ママ)も何をしていたのですか?」フランス人の弐瓶氏への質問だ。これ良い質問だよなー! 俺もめっちゃきになる。シボが一生懸命話をしていそうだ。霧亥の生い立ちとか聴いてそう。それと塊都や電基漁師の人がどうなったかとか、旅の話も。霧亥はもちろんほとんど話をしないだろうけど。ちゃんと聴いてはいる。それわかっているからシボも沢山話す。そんな想像がふくらむ。

・同じく『シドニアの騎士』6巻175ページのフランス人のしつもん「アバラのラストの意味がよく分かりませんでした」はい私もそう思います!

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG36 Beautiful Life

霧亥とシボが、クローンを無限に造る機械を見つけ、破壊する話。

 

・久しぶりの一話完結系のお話。もっとこういう話を読みたかった。読み切りとかで、いずれ描いてほしいと願っている。


・梯子。めっちゃ長いし高い。怖くないのだろうか?
・クローンの女性たち。見た目が美しい。量産されたクローンは、権力者などの慰み者として取引されたのだろうか。クローンを回収する存在が途絶えたのか、霧亥たちとは邂逅しなかったのか。それは不明。
・知育の重要性。クローンの女性たちには発話がない。彼女たちはコロニーをつくって年少の者を保育している描写があり、若干の社会性は認められるものの、科学の恩恵も得ることなく、生まれたらそのまま。たとえるなら動物に育てられた人間のエピソードに近い。知育の重要性は弐瓶漫画で何度も指摘される。職臣とかね。ここでは、それがネガティブに描かれる。
・霧亥は前もこうした設備を見たことがあると言う。漫画本編にはそんなことは描かれない。きっと霧亥は、長い長い旅の中でいろんな経験をしているのだろう。
・シボ。顔をしかめる。シボはこういうの大嫌いだろう。
・霧亥の判断。クローンもとを殺害し、設備を破壊。シボは複雑な表情をしている。彼女たちは、どうなれば幸せなのか。霧亥の判断はかなり正しいと思うが、残された人々は? てなことを考えていそう。
・シボはもちろん、霧亥も人をモノ扱いするような仕組みは嫌。何回も書いているけど、霧亥はコミュ障だけど良い奴なんだ。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG35 消滅

大爆発のさなか。霧亥はメンサーブからメッセージを送られる。メンサーブとセウは時空隙へ。東亜重工消滅の瞬間に、霧亥はメンサーブに転送してもらう。シボも爆発に巻き込まれたかにみえたが、同じくメンサーブに転送してもらい霧亥のもとへ。シボの手にはセウの遺伝子情報が。

 

東亜重工編のラストだ。エネルギーが切れたシボを、妖精みたいなやつが支える。 シボの情報が入った塊も運ばれている。前回書いたように、メンサーブの意図があったのだろう。描写は無いけれど、なんでも造れる機械のところまで運んでシボを入れて、それごと霧亥のもとへ転送したのだろう。


・霧亥へのメッセージ。住人は電子データ化していたらしい。肉体は消滅。きっと肉体や、づるが造った生体情報の塊みたいに、基底現実になんらかの存在が無いとネットにアクセスできない。そこで、セウの肉体の情報のみが霧亥に手渡された。
・メンサーブはセウともちろん一緒にいたいから、セウを霧亥に引き渡すって手段はない。
・メンサーブはなぜセウの情報を渡した? 別に霧亥たちにそこまでする義理が無い、と考えることもできる。これは、霧亥たちが一生懸命に集落の人々を守る行動をとったからかな、と思う。メンサーブも住人を守るために一生懸命だった。「狂った」とも捉えうる手段で住民を守ろうとした。その結果住人のデータだけは死守し、長い時間はかかるが肉体の復元も可能との見通しだ。
・時空隙。時空隙ってどこやねん。ここでメンサーブはセウとラブラブちゅっちゅするのだろう。
・セウをはじめ、東亜重工の住人はネットスフィアから隔絶された空間にあるから、遺伝子の感染がない。あるいは感染が少ない。
・セウの遺伝子。私は、セウの遺伝子は正常のネット端末遺伝子を持っていると考えている。画集にも、セウにはそれ(ネット端末遺伝子)があった、と考えられている、とある。何が言いたいかと言うと、アンオフィシャルな階層は検査が緩いから、セウの遺伝子がある程度異常があっても大丈夫、という論法にはならないということを言いたい。審査が緩いってのは、セウの遺伝子があれば、珪素生物やシボでもアクセスできてしまうと言う部分において、緩い。セウの遺伝子は正常だった。こう考えたい。


・転送先。東亜重工の爆風が届く場所。かっこいい描写だ。これで霧亥たちが、東亜重工の最大出力の転送先、すなわちものすごく遠くにやってきたことがわかる。
・シボ。なんでも造れる機械で復活。づるの作成した情報の塊のおかげで、劣化などはなかったのだろう。
・シボとの再会。表情に出さないけど、霧亥はシボと無事にまた会えて嬉しかったのではないだろうか。細かい話だけど、シボがセウの遺伝子情報を得たことを霧亥に話すところ。霧亥は、遺伝子情報のカプセルではなく、しっかりシボの顔を見てる。自分のクエストに関わる情報よりも、シボのことを見ているような目線。シボはシボで、寂しさを口にする。東亜重工があった場所は、塊都に連続していた場所だ。今いる場所は、どことも知れない都市の連続の中。わざわざ「霧亥」と名を呼んで、どこまで来てしまったのか、という寂しさを口にする。シボはポジティブだから、今できることにすぐ頭を切り替えてはいるが。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG34 溶融

ついに転送が始まる。やっぱり転送先にも都市があって、大爆発を起こしてしまう。その寸前、メンサーブは電基漁師の村の生き残りとシボに対して、脱出路を指示する。脱出の際、シボは取り残されてしまう。

 

・電基漁師の村の生き残り。11人いる。ギリギリ集落を維持できそうな人数を残しておくのがにくい。彼らが脱出してからどんな人生を送るか。その未来があることを想像させる人数。


・はい、シボの遺体からズルが採り出した情報の塊。なんとなくだけど、これ好きな人多いんじゃないだろうか。画集によれば、アナログ→デジタルによる「量子化ノイズ」を防ぐために、物理でデータを存在させておくもの。セウがだんだんボケていくのとの違いはここにある。以前書いた通りだ。これをもらった時のシボの表情がいい。嬉しそうだ。会ったばかりのシボに対しても、づるはこれを作ってあげたんだ。こういう大切なものをうけとるありがたさを、シボは知っているんだろう。塊都時代にも、きっといい人間関係を築いていたんじゃないかと想像させられる。電基漁師たちとはこのあとお別れで、このタイミングの会話が別れの会話になる。
・メンサーブが脱出ルートを指示する。メンサーブは本当に狂っていたんだろうか。余りに人間味がありすぎて、セウと言う一人の人間に肩入れしたことを「狂った」と言うならそうなんだろうけど。最後まで自分なりのやり方で、住民を守ろうとした。あるいはしている。


・転送先の大爆発。核融合かな?


・シボは電基漁師たちを脱出させた後とりのこされる。これ、メンサーブが狙ったんだろうか。もしシボが住民と一緒に脱出していたら、どうなったんだろうか。霧亥と超離ればなれになっちゃう。最大距離の転送先の距離で離ればなれになる可能性があった。ドアが急にしまってシボだけ取り残されるのはメンサーブによって仕組まれたことがらなのかも…なんて思う。セウの遺伝子はシボに渡されたわけだし、メンサーブはこのあとシボに情報を渡す必要を感じていたのでは。妖精みたいなのがわざわざシボを運ぶ理由も、これの可能性を補強する。かくしてメンサーブの意向により、両者は離れ離れにならずに済んだ、と考えたい。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG33 決壊

東亜重工中央AIは転送を強行。メンサーヴは第8空洞の住人を奪還するため、中央AIにアクセスを試みる。セウとイヴィ、メイヴと霧亥との戦闘の決着が描かれる。霧亥のダメージは甚大で、地に横たわってしまう。

 

・中央AIはとにかくここから脱出したい。メンサーブは危険とわかっているのに、中央はそれがわからない。メンサーブが狂ってしまったという描写があるけれども、狂う狂わないってのは相対的なものだ。ここではメンサーブの方が正しい判断をしている。
・中央AIへのメンサーブのアクセス。そんなことをしても無駄だと中央は言うけれど、メンサーブはきっと何らかの情報を引きだしたのだろう。だから最後に、時空隙に入って住人を(時間がかかるとはいえ)復活することを宣言していたのだろう。
・セウが強い。折れた剣で刺して、そして剣をぶん投げる。
・霧亥はやっぱり頑丈で、メイヴにやられてもいつの間にか動いて銃を撃てるようになっている。この頑丈さが、ネット端末遺伝子捜索には有効なのだろう。強さよりも頑丈さの方が、長い長い探索には必要。
・メンサーブを抱きしめるセウ。人間がAIを抱きしめる。高度に発達したAIは、それゆえに人間味がある。だから愛すし、あるいは愛される。シボはそれを危険だと表現するし、画集における表現ではAIとして狂ってしまった、とも言えるだろう。だが人間味ってのはこういうことだ。そういうのが、ハードに描かれる。