ディオゲネスの宴

漫画の紹介と、感想を書いていきます。 『BLAME!』全話紹介&解説を書いて行っているのですが、大分放置しておりすみません。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG48 衝動

イコは電子空間と基底現実とを行き来して、リンベガの接続状態を確認する。シボは自らに端子を繋ぎ、電子の世界に飛び込む。霧亥とドモはついにリンベガの所までたどり着くが、珪素生物も抵抗を試みる。プセルが現れて霧亥をノックアウトする。ドモとプセルが撃ち合い、相討ちの形になる。リンベガはついにネットスフィアへの接続にこぎつけるが、統治局の遅延行為によって現実世界ではかなりの時間が経過していた。ドモが死力を尽くした光線を放ち、リンベガは斃れる。しかし、セウの遺伝子を二重登録していたシボが、リンベガに乗り替わりネットに接続していた。リンベガは死に際にレベル9セーフガードを自らにダウンロードしようとしていた。リンベガに乗り替わったシボに、レベル9セーフガードがダウンロードされ始めた。

 

・本作のハイライトとも言える回。かなり複雑に事が運ぶ。

・ちっちゃい珪素生物をシボが倒す。これで新たに駆除系は造成されなくなったことだろう。

・イコが電子界を確認しに消える。シボは一人になる。ここで彼女は決断したに相違ない。


・霧亥とドモはリンベガの下にたどり着く。珪素生物も最後の抵抗を試みる。初めに3体の駆除系珪素生物。少し前に、プセルが造成して、カプセルを運んでいた奴らだろう。次にプセルが奇襲を仕掛ける。霧亥はここで倒れてしまう。ドモとプセルが撃ち合いになる。プセルは拡散分子導体で逃れるも、結構ダメージを負っている。ドモは左半身が吹っ飛んだ。思うにプセルは前の戦闘でかなりのダメージを負っている。プセルは躓いて落下。ドモは倒れる。もうちょっと霧亥しっかりしろよ。

・リンベガは経過時間に気がつかなかったのだろうか? 接続に夢中になっていた? 彼女ほどの技官ならわかりそうなものだが、伝えてくれる部下が死んでしまったからかも。主観時間の変化は認知が難しい。

 

・ドモが最終エネルギーでリンベガを倒す。その一瞬前、リンベガも気づいて意識を基底現実に戻したようだ。統治局は、リンベガが気づいても遅い段階になって「これは賭けだった」と述べたのだろう。ドヤ顔で! 統治局は、こういうところ野趣に富んでいるというか「人間らしい」というか、発想がかなり柔軟な方だ。あるいはもともと人間だったモノが判断を下している、あるいは判断の一端を担っているのかもしれない。

 

・さて、シボの問題だ。初見の時はさっぱりわからなかったなあ!? 流れとしてはこうだろう。

①リンベガ、死に際に手を伸ばしてレベル9セーフガードを自分の身にダウンロード。上手くいけば、相手をこれで蹴散らせる(見方を守れる)と考えた。
②リンベガ死亡。
③ほぼ時を同じくして、二重登録していたシボが、リンベガに乗り替わりネット接続する。
④ ①でリンベガがダウンロードしようともくろんだレベル9セーフガードが、乗り替わったシボにダウンロードされることに。

これで整理はついているのではなかろうか。これ、もし、②の時にリンベガが死ななかったらどうなるんだろうか。レベル9リンベガが生まれるのだが、どこまでリンベガはそれをコントロールできたのだろうか。

 

・ここの話ではあまり触れられないが、実は⑤がある。

⑤シボは、自分がなくなる寸前に、自分と、サナカンとの遺伝子を利用してネット端末遺伝子を持つ胚をダウンロードした。


・シボの好奇心について。シボは、自分の衝動をどうしても抑えきれなかった。ドモがあのタイミングでリンベガを倒すなんて想像できないだろうから、リンベガから接続を横取りするつもりだったのだろうか。ともかく、最悪のタイミングで乗り替わってしまった。セリフを言った時点で、シボは自分の体に何が起こるか解ったのだろう。だから、どうしても抑えきれなかった衝動を後悔するような言動を見せる。でもなぁー。シボにとってはネット接続は宿願だったわけだ。学者さんのシボは、それが目の前にあって止まることなどできなかっただろうし、まさかこんなことになるとは思いもしなかっただろう。戦闘を有利に進められる、などと考えていたかもしれない。シボの良いところってのは好奇心旺盛なところ。およそSF作品には、こういう好奇心に行動が担保されたキャラクターが頻出する。イーガン『ディアスポラ』のヤチマとか、可愛いくらいに好奇心旺盛で、何となくシボもそんなタイプ。エゴイスティックに自分の好奇心を満たそうとする。その結果が、こうなってしまった。


・そのような行為をしてしまったシボが、その最期の瞬間に、何を考え、既存の材料からどう振る舞ったのか。ネット端末遺伝子を持つ胚は、リンベガではなく、当然シボが考えてダウンロードしたものだろう。物語の終盤、モリに記録された少女の証言によれば、二人の女性の遺伝子からなる胚だという。シボと、サナカンの遺伝子に他ならない。サナカンの遺伝子は、サナカンの身体にシボがダウンロードしていた時期(ロリシボ)に得たに違いない。10年程共存していた。それで、手持ちの情報から組み立てて、胚を作ることができた。こうした経緯は、画集に示唆がある。

・二人の女性の遺伝子では子供を作れないのでは? という疑問もある。シボはセウの遺伝子をコピーして通信しているから、いけるのだろう。実際に、胚から育ったと思しき青年はセウの面影がある(『ブラム学園! アンドソーオン』所収「ネットスフィアエンジニア」)。ということで、《シボ(セウ)×サナカン》っつーことだ。
・とっさの判断で、シボはそこまで手配した。これは霧亥へのメッセージだ。自分の好奇心のせいで大変なことになってしまった。この点は、塊都時代の実験の失敗の二の舞とも捉えうる。だからせめてもの償いとして、とっさに胚の準備を、立派にやり遂げた。のかもしれない。


・この回は妄想が無限に膨らむな!

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG47 侵入

珪素生物の研究施設に侵入した霧亥たち。途中、珪素生物の迎撃により、シボ&イコ、霧亥&ドモの二組に分断されてしまう。

 

・研究施設の入り口のところにあるカバーみたいな装置。ドモが蹴っ飛ばして落として侵入するんだけど、俺、なんかこのカバー好きなんだよな。

・物量で攻めてくる珪素生物。リンベガは接続中だしプセルは怪我してるし、あの小さい珪素生物が主管して、物量攻撃を仕掛けているのだろう。駆除系の他に、塊都あたりでみたような、ムカデっぽい駆除系? も見える。いずれも統治局の技術を流用しているのだろう。

・霧亥とドモはバシバシ倒す。地味に武器庫で見つけたスチフを倒した銃が健在で、珪素生物を倒している。ドモチェフスキーは実弾が尽きてしまい、電力に切り替えて応戦している。実弾は、電力消費を抑えるためにも重要だったのだろう。

・霧亥は造換塔を破壊して攻撃を抑える。臨時セーフガードはそんなことしちゃダメ。霧亥は自由だからいいのだが。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG46 仮接続認証線

シボたちが、合流した霧亥に事のあらましを告げる。霧亥たちはカプセルを奪還しに敵の本拠地に向かう。珪素生物の拠点では、仮接続が始まっていた。

 

・臨時セーフガードの二人は霧亥を認知することができない。人間ならば、ネット端末の有無に関係なく保護の対象になる。霧亥は人間だが、セーフガードとして登録され、そして抹消された。そもそも、セーフガード以前のシステムの密使でもある。だから、臨時セーフガードの二人は霧亥に対してどう扱っていいのか解らない。だから認知しない。

・霧亥一行は珪素生物の根拠地を目指すのだが、会話は少ない。

 

・古い金網を通るドモチェフスキー。近くには、古い住宅のような都市空間がある。ここにドモチェフスキーは自身も良くわからない古い道具を置く。ここは非常に印象的なシーンで、好きな人も多いのではないか。人が住んでいた跡を、古い建設者が下の階層から持ってくるのだそうだ。ここからは、基本的には都市は上へ上へと伸長するという、当たり前とも言える構造が地味ーに明らかになる。かなり古い、遺跡のようなものを建設者は持ってくるわけだ。ドモチェフスキーはどこかで拾った古い何かを、そこへそっと置く。この世界は電気は潤沢なようで、古い部屋にも明かりがついている。さてさて。ドモチェフスキーやイコ、あるいは霧亥もそうだけれど、太古の昔、本当に生身の人間として存在していたのではないだろうか。生身でセーフガードになって、やがてそのデータがセーフガードの電子的な媒体に記録された。霧亥は特別で、ずっと生身のまま身体が用いられた。あるいは、それに近い時の長さを、同じ身体で過ごしている。ドモチェフスキーが古い部屋や道具にこだわるのには、そんな理由がありそうな気がする。彼らも、実は「古い部品」と言いうる存在なのかもしれない。ちょっと妄想気味だが。

・私のシャチハタの印鑑ケースがちょうどドモが拾った道具にそっくり。この電脳世界では部品に見えるかもしれませんが、あれは私たちが普段何気なく使っているものがあの世界に遺物として描かれているのかもしれない。

・古い部屋。時計があったり、鉄を加熱して温める暖房設備みたいなのがあったり、今の世界にある電気のスイッチみたいなのがあったり。蛇口があったりタイルの床があったり。

 

・仮接続。川のイメージ。仮接続認証線とはここのことを指すのだろう。セウの遺伝子で申請するから、ここでリンベガはセウの姿をしている。だが、統治局には一目瞭然で、珪素生物はネット接続できない旨を通告する。けれども、リンベガの予想の通り審査は通ってしまう。統治局は警告するも、強制排除など実効は伴わない。それはセーフガードの役目で、そしてセーフガードは審査を通して機能しないからだ。統治局に出来ることと言えば、認証線を拡張して時間稼ぎをする程度。リンベガはそれをあざ笑う。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG45 拡散分子導体

プセルとの戦闘。その直前に、霧亥は、シボとドモ&イコの所にたどり着く。4人はプセルを退ける。

 

・この話を総合的に見ると、戦闘に霧亥が加わることで、「一番厄介」と言われるプセルすら退けることができるのだ。ここに、非常に微妙な戦力の関係がかいま見える。本当に、シーラカンスがちゃんと生成されていたら、展開は大いに変わっていただろうことを想像されられる。また、ドモチェフスキー達でも数百年持ちこたえた理由も何となくわかる気がする。ちょっとの差で、倒されたり倒したりの可能性がある。だから、珪素生物は、状況を有利に進めながらも慎重さを失わなかった/ドモ達は粘り強く戦いえた。

・セーフガードの武器がとても優秀。散弾系の武器や、フックショットみたいな、ワイヤーで移動できるデバイス

 

・的確にプセルを追い詰める霧亥。で、はい。出ましたよ。プセルを倒せないドモチェフスキー。童貞力高いよな。この展開は、すでに先行してクリリン・18号構造がある。新味があるとは正直言えないところではあるが、不正なネット接続を敢行/防ぐと言う電脳世界のそれぞれの大きな目的があるなかで、なんとも卑近で直情的で、情けないような感情だ。この硬質の都市世界に比して、何とも柔らかだ。

・プセルは造換塔を用いつつ、自分を霧状にして退散する。これがタイトルにある拡散分子導体なのだろう。あまりダメージがないようにも見えるが、逃れた先でプセルは倒れ込む。プセルってあまり感情がないような印象だ。追い詰められても不適に微笑んでいる。ドモはそんなところがいいのだろうか。俺はシボの方が好きだなあ。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG44 超構造体内部

プセルにより、セウの遺伝子が珪素生物の拠点へと運ばれていく。超構造体を移動する霧亥の前にスチフが登場。戦闘になり、霧亥がスチフを退ける。

 

・プセルの現出させる珪素生物型駆除系。出し方がかっこいい。何か、祈りの様に構えてから、まが玉状のデバイスを落として駆除系を出している。珪素生物のデバイスというか振る舞いと言うかしきたりと言うか……と、統治局の兵器とが親和しているような描写。リンベガの技術だろうか。

・プセルはそのままシボたちを追跡。超構造体は随意に動かせないようだ。あるいは、イコがロックしたのかもしれない。超構造体のインターフェイスに触れて、シャットダウンさせた? それで、アホみたいなテコの原理で蓋を持ちあげる。円形の石板状のモノにたいしてアホみたいなことをするのは、漫画界広しといえどもプセルと戸愚呂弟ぐらいだ。

 

・武器庫で色々仕込んだ霧亥がスチフと戦闘になる。スチフのスピードは凄まじい。霧亥の銃器を切断したり、霧亥の銃をゼロ距離でかわす。画集には、こういうスペックを出すための改造費? 維持費? が嵩んで、リンベガ一行に加わったのだと書かれている。また画集に言及があるが、スチフはB級SF映画が好きなのだそうだ。二刀流で近接攻撃。いかにもそういう男が好みそうな戦闘形態だ。いやーゼロ距離でかわすの本当にかっこいい。

・霧亥はスチフの刃を、右手を貫かれつつ防ぐ。血みたいなのが出ている。霧亥が出血するのはちょっと珍しい。劇場版の設定資料集に、霧亥の体はとても頑丈で、本当は全裸でも良いくらいなのだと説明がある。最近でた本だから、当初よりも性格づけがパワーアップしているように感じるが、とにかく霧亥の体は頑丈だと言うことは連載の当初から示唆がある。そんな霧亥の身体を、スチフは貫ける。かなりの実力。

・ところが、霧亥の頑丈さは止まることを知らない。身体中央を貫かれたにもかかわらず、そのままスチフを壁にたたき付け、連続パンチをお見舞いする。そして銃でフィニッシュ。霧亥の勝因は、ものすごく頑丈で、スチフがちょっと油断したからに他ならない。霧亥って強いのかよくわからないところがある。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG43 臨時セーフガード

霧亥と合流するために都市を移動するシボ、ドモ&イコ。出発前に、ドモチェフスキーは自らが生成された時のことを夢で思い出す。シボは、イコからこの階層の特質と、珪素生物たちのねらいを改めて聴く。三人のことをプセルが感知し、戦闘が始まる。その中で、シボはセウの遺伝子を珪素生物に奪われてしまう。

 

・ドモチェフスキーの夢。イコに実体がある。長い戦闘の間に生身の肉体を失ってしまったことが画集で触れられている。3番目に生成されたシーラカンス。途中でリンベガに生成をストップされてしまったので、古代の魚。もし上手くいっていたら、シーラカンスから進化するような形でセーフガードになったのだろうか。画集には、このシーラカンスがいれば形成の逆転もあったかもしれないと言及がある。ともあれ、セーフガードの生成を抑えるリンベガの技術は相当のものなのだろう。

・臨時セーフガード。珪素生物と戦うため、あるいは、これからオフィシャルな都市空間を形成するため、かなり「人間らしい」あり方をしている。任務を無事に果たせれば、その空間の正式なセーフガードになれたのだろう。正式なセーフガードというのは、ネットに登録されて人格のアップロードやダウンロードが随意に可能な存在だろうか。第一種臨界不測兵器を使うのは権限外のようで、それをやってしまっては永久に公式の存在になれないとイコは言う。恐らく、彼らには元になった人間のデータがあるのだろう。遥か昔、生身の(あるいは生身に基礎づけられた)セーフガードがいた。彼らの人格の一部分がセーフガードのデータとして存在しており、珪素生物の都市への進行に反応して生成された。それがドモ&イコなのではないだろうか。ある基礎データからダウンロードされた存在。もしかしたら複数の人格データの組み合わせがなされたかもしれない。とにかく、既存のデータからダウンロードされた。だがそこからは、彼らの人生だ。何百年も珪素生物と戦う広漠とした人生であっても、それは彼ら独自の人生。既存のデータにはない、オリジナルの部分。画集ではそれは「個性」と表現されていた。彼らがもしも正式なセーフガードになったならば、もとのセーブデータから都市での珪素生物との抗争の記憶/記録を上書きされて保存されたことだろう。結局それは叶わなかったが。

 

・今回読み返して初めて気がついたが、ここでシボはセウの遺伝子情報をコピーしてるんだな。

 

珪素生物は、シボが古い遺伝子を持っていることに気が付いた模様。それで、プセルを派遣する。

・プセルの武器。振ったらその先に破壊が起こる。物語後半の騎士風の珪素生物もこれ使っていたな。

・メガストラクチャーの蓋で戦う。

・シボが重力子放射線射出装置を使う! 珍しい描写だ。セーフガードの服を着ているから使用できるのだろう。

・多脚型の珪素生物。これブロンで間違いないよな? 「ドゥオオオオ」とか言っているし。彼は蓋に挟まって死ぬんだけど、プセルにカプセルを残した。セウの遺伝子をメガストラクチャーの蓋で潰したら大変なことになっていたぞ。良かったな。

【BLAME! 全話紹介&解説】LOG42 超構造体内部亀裂

霧亥が超構造体の内部を進み、そこでセーフガードの武器庫を見付ける話。

 

・超大きな珪素生物が死んでいる。こやつが超構造体に亀裂を与えたのだろうか。相当なセーフガードとの戦いがあったのかもしれない。

・超構造体内部も、都市空間もそんなに風景は変化がない。初めの超構造体を抜けた時、シボもそんな話をしていた。

・霧亥が『BLAME!』世界をとことこ歩くと、それだけで様になる。グッとくる。

・謎の建築者ぽいやつがいる。あとは、いかにも誰かが実験していそうな装置・部屋がある。机のライトがついている。霧亥が会わなかっただけで、何者かが居たのかもしれないと言う想像が膨らむ。

・霧亥と通信する統治局。重要な描写だ。画集にも少し言及がある通り、霧亥が単独で統治局と通信連絡することは少ない。ここのシーンが唯一と言っていいだろう。他は、シボやモリが傍らにいる。この話での通信もかなり間接なやり口だ。空間に居る虫のような小型の生物(あるいは微小な装置)を集合させて、マルやバツを表示。統治局は霧亥と連絡してはいけないのだろうか? 霧亥はセーフガードだった時代があるから、統治局は手を出せない。あるいは、セーフガードに、それ以前のシステムから送り込まれた密使であるから、この点においても統治局とは関連しない。こうした理由から、統治局は霧亥に直接手を出せないのかも。そもそも、統治局なのに、セーフガードの武器庫の場所を教えるのには憚りがあると思われる。
・セーフガードの武器庫。霧亥の網膜が走査されてなかに入れる。霧亥は登録を抹消されているけれども、アンオフィシャルな階層ゆえ審査が緩いのだろう。なお、珪素生物はこの武器庫の奪還に失敗したようだ。